パソコンにWi-fiを飛ばす5つの方法|無線でインターネットにつなぐやり方を解説

パソコンにWi-fiを飛ばす5つの方法|無線でインターネットにつなぐやり方を解説

パソコンでインターネットにつなぎたいと思ったら、お持ちのパソコンにWi-fiを飛ばすことでどこでも手軽にインターネットができます。

カフェや新幹線でインターネットを利用できたら非常に便利ですよね。また、自宅や会社の中にいても有線LANケーブルを使わずにインターネットができれば、ノートパソコンを持ち歩きながらどこでもインターネットに接続できます。

この記事では、パソコンにWi-fiを飛ばしてインターネットを楽しむための5つの方法をお伝えします。インターネット回線に契約しなくても使える方法もありますので、ぜひこれらの方法を押さえておいてください。

ちなみにWi-fiと無線LANはどう違うのかをご存知でしょうか? Wi-fiというのは、無線LANの認定規格の中の1つというのが正しい認識です。無線LANという大きな括りの中のひとつが「Wi-fi」です。

しかし、絆創膏のことをリバテープと呼ぶように、Wi-fiが世間に浸透した結果、無線LANのことをWi-fiと呼ぶ人が増えたのです。正式には違うものですが、どちらもインターネットを無線で使うためのものですので、どちらの呼称を使っても大きな間違いはありません。

【パソコンをWi-fiにつなぐために必要なパーツ】

Wi-fiをパソコンに飛ばしてインターネットにつなぐ方法は、
①インターネット回線
②モバイルWi-fiルーター
③据え置き型ルーター
④テザリング
⑤無料Wi-fiスポット
の5つがありますが、どの方法にしてもWi-fiを受信するためには必要なパーツがあります。

パソコンをWi-fiにつなぐためには、「無線LAN内蔵のパソコン」か、そうでなければ「無線LAN子機」がなくてはいけません。

これがなければWi-fi電波を受信することができませんので、無線LAN内蔵パソコンでない場合は子機を購入しましょう。USBタイプの無線LAN子機は、数百円から二千円弱で購入することができます。

【①インターネット回線を契約してルーターでWi-fiを飛ばす】

パソコンにWi-fiを飛ばす1つ目の方法は、「インターネット回線を契約して、ルーターを使う」方法です。

インターネット回線の主流である「光回線」を契約すると、配線工事を行なった後でインターネットを使えるようになります。基本的には工事が必要なので、他の手段と比べて手軽に始められるものではないかもしれません。申し込みから一週間から一ヶ月ほどで工事が入り、開通します。

ただし、それだけでは有線でのインターネットができるだけです。Wi-fiを飛ばすためには「無線LANルーター」というものをつなぐ必要があります。光回線によって自宅に開通したインターネットは、ルーターにつなげることで無線でのインターネット接続を可能にします。

Wi-fiを飛ばすことのできるルーターは、光回線契約時にセットで含まれるパターンと、オプションでルーターをレンタルするパターン、そして自分で家電量販店で購入して取り付けるパターンの3つがあります。

回線業者のルーターを使う方が購入する手間はかかりませんが、長期的に見ると購入の方が安く済むことがあります。コストパフォーマンスを重視される場合は購入を検討されても良いかと思います。

光回線には「フレッツ光」「auひかり」「NURO光」などいくつもの回線業者があります。それぞれ料金やネットの速度が異なりますので、下記のような比較サイトを参考にしてみてください。

参照:iphone格安SIM通信Top [2019年6月]厳選!光回線13社を比較|料金・速度別の選び方

上記を参考に見てみると、光回線でのインターネットは月額4500円〜5500円ほどで他の方法に比べて割高ではあります。しかし、最大速度は1Gbpsで通信制限もありませんので、安定して高速で使えるところが大きなメリットです。

光回線で気をつけたいのは、利用できるエリアが限られることです。エリアの拡大で利用可能地域は増えてきていますが、対象エリアに入っていないと申し込めませんのでご注意ください。

光回線の申し込みはインターネットから、もしくは家電量販店でも取り扱っています。

【②モバイルWi-fiルーターを契約してWi-fiを飛ばす】

2つ目の方法は、「モバイルWi-fiルーターを契約して使う」方法です。

WiMAXやY!mobileなどが行なっているサービスで、スマートフォンほどのサイズのルーターを使ってWi-fiを飛ばすことができます。そのため、モバイルWi-fiルーターを携帯すれば場所にとらわれずどこでもインターネットにつなぐことができます。

契約後、機器が届きます。スイッチを入れて設定を行うだけでインターネットにつなぐことができるので、非常に手軽です。家の外でもWi-fiを飛ばしてインターネットにつなぎたいということでしたら、モバイルWi-fiルーターを契約するのが良いでしょう。

通信速度は各会社ごとの下り最速が以下のようになっています。
WiMAX 1237Mbps
Y!mobile 972Mbps
ソフトバンク 612Mbps
docomo 1288Mbps
実測値ではここまで出ませんが、それでも非常に高速でインターネットにつなげるのは間違いないでしょう。

月額料金は2019年5月現在、最安でカシモWiMAXの1350円〜というものがありますが、無制限プランではどこも3500円〜4500円が目安となります。

手軽にどこでもWi-fiが飛ばせるモバイルWi-fiルーターですが、いくつか利用する上でのデメリットもあります。

まずは「速度制限」の問題です。契約プランによってはスマートフォンと同じように、月に5GBや7GBが上限のものもあります。また、WiMAXなどの「ギガ放題プラン」でも、月の上限はないものの3日で10GBを越えると通信制限がかかります。

また、機械である以上仕方がないのですが、モバイルWi-fiルーター自体の電池が切れてしまうとルーターとして機能しません。

どこでも使える利点がありますが、こうしたマイナスポイントもあるので理解しておきましょう。

モバイルWi-fiは、UQコミュニケーションズが提供する「WiMAX」が価格の面からも速度の面からもおすすめです。同じWiMAXでもプロバイダによって料金やキャッシュバックが異なりますので、ご注意ください。

スマートフォンでもモバイルWi-fiルーターを使ってネット通信をすれば、スマホのギガ消費も抑えることができますので一石二鳥です。

【③据え置き型ルーター(ホームルーター)を契約してWi-fiを飛ばす】

据え置き型ルーターとは、上記の「回線を使ったインターネット」と「モバイルWi-fiルーター」の間のようなものです。据え置き型ルーターは、モバイルWi-fiのように持ち運んでWi-fiを飛ばすことはできませんが、工事不要で機器をコンセントに挿すだけでWi-fiを飛ばせる機械です。

据え置き型ルーターは、ソフトバンクの提供する「ソフトバンクAir」やUQコミュニケーションズのホームルーター「Speed Wi-fi HOME L02」などがあります。

「家でWi-fiを飛ばしたいけれど工事は面倒だし、もう少し安く使いたい。」という方には、据え置き型ルーターを使ってWi-fiを使うことをおすすめします。

料金は3500円から4500円ほどですが、ソフトバンクAirの場合はソフトバンクユーザーであれば割引が効きますし、WiMAXのL02もプロバイダによってキャッシュバックサービスがあります。

通信速度はソフトバンクAirで最大481Mbpsとなっており、光回線やモバイルWi-fiルーターに比べると劣りますが、ネットサーフィンや動画視聴は問題なくできる速度です。

また、WiMAXが2019年に発売を開始したSpeed Wi-fi HOME L02 に関しては1Gbpsに対応しており、光回線と比べて遜色ない速度となっています。

注意すべき点は、ソフトバンクAirとWiMAXホームルーターともに「3日間で10GBを越えると速度制限がかかる」ことです。この辺りはモバイルWi-fiルーターと同じです。

とは言え、工事が不要でコンセントを挿すだけで手軽にWi-fiを飛ばせる据え置き型ルーターは非常に手軽です。これから家でインターネットをしたいという方にはおすすめの方法です。

【④自分のスマートフォンからWi-fiを飛ばす(テザリング)】

ここまでは、新たに回線業者と契約をしてWi-fiを使えるようにする方法をお伝えしました。ここからの2つの方法は、回線業者との契約が不要ですので、すぐにでもパソコンにWi-fiを飛ばしてネットを使うことができます。

最初は「スマートフォンのテザリング機能を使ってWi-fiを飛ばす」方法です。テザリング機能とは、簡単にいうとスマートフォンにモバイルルーターの役割を持たせる機能のことです。

スマートフォンはWi-fiにつながっていなくてもインターネットを利用できますよね。これはモバイル回線を使ってインターネットにつないでいるわけですが、そのモバイル回線の電波をパソコンにも飛ばせるようにするのがテザリングです。iPhoneでは「インターネット共有」という言い方もします。

これを使えばスマホユーザーは、お持ちのスマホをルーター代わりにしてパソコンにWi-fiを飛ばせます。新たな回線の契約は不要です。

しかし、テザリングを使うためには、お使いのキャリアでオプションプランの契約が必要になります。以下に、主要3キャリアにおいてデザリングを使うための要件をまとめました。契約のプランによってオプションプランでの料金がかかりますので、ご契約のプランと照らし合わせて見てみてください。

ソフトバンク テザリングオプション(有料)への申し込みが必要。
「データ定額ミニ」「データ定額5G」「データ定額S」プランの方は無料。
ドコモ SPモード(有料)への加入が必要。
SPモードにすでに加入している方は無料。
au テザリングオプション(有料)への加入が必要。
「データ定額(1G,2G,3G,5G)」「ジュニアスマートフォンプラン」「カケホ」「スーパーカケホ」「VKプラン」「VKプランS」「VKプランM」「LTEプランS」の方は無料。

基本的にデータ通信容量が大きいプランに契約していると、有料になりやすいです。

デザリングはスマートフォンをルーター代わりにしますので、スマホのギガを使用することになります。そのため、デザリングを使いすぎると、スマートフォンの方が速度制限にかかる可能性も高いです。

さらに、デザリング中は画面を点灯させておく必要があるので、スマートフォンの電池消費が大きくなります。長時間の使用は、最悪スマホの電池がなくなってしまうことにもなります。

このような理由から、頻繁にWi-fiをパソコンに飛ばしたい方には正直向かない方法だと言えます。どうしても今すぐパソコンをネットにつながないといけない場合のみ使うといいでしょう。

【⑤無料Wi-fiスポットでWi-fiを拾う】

パソコンにWi-fiを飛ばす5つ目の方法は、「無料Wi-fiスポットのWi-fiを使う」方法です。フリーWi-fiとも呼ばれ、カフェやコンビニ、ホテルや空港などでは無料で使えるWi-fiが飛んでいます。

無料Wi-fiスポットの利用方法は、Wi-fiの及ぶ範囲に入ったらパソコンのネットワーク通信設定からフリーWi-fiを選択するだけです。そうすると、利用規約への同意やメールアドレスでのアカウント登録を求められますので、それらに同意することで利用ができます。パスワードが必要な場合は店内に掲示がされています。

無料Wi-fiスポットはスターバックスやマクドナルド、大手コンビニが有名ですが、実は地方自治体によっても無料で使えるWi-fiスポットを提供しているところがあります。どこに無料Wi-fiスポットがあるかは、以下の記事が参考になります。

参照:So-net 【全国版】無料Wi-Fiスポットはココにある!カフェ・コンビニ・公共機関リスト

無料で利用できるWi-fiは非常に便利ですが、注意点もあります。

一つは「安全性の脆弱さ」です。WEBの閲覧内容の盗み見、不正アクセス、ウイルス感染は、無料Wi-fiスポットで起きうるトラブルの代表的なものです。クレジットカード情報や各種パスワードなど個人情報をネット上に晒すことにもなってしまいますので注意が必要です。

しかし、これらはお店や公共機関が提供しているWi-fiのアクセスポイントが危ないというよりも、誤って不明なアクセスポイントを使ってWi-fiを拾うことが原因の場合も多いです。正しい使い方をすればリスクを下げることができます。

ネット犯罪者の中には、無料Wi-fiスポットを装って人々にアクセスさせ、お店のWi-fiスポットだと勘違いした人の情報を盗むという手口を使う者もいます。無料Wi-fiスポットを使う際には、正体不明のアクセスポイントを使わず、クレジットカードやパスワード入力を必要とする行動はなるべく取らないよう心掛けましょう。

二つ目の注意点は、「利用可能時間」です。多くの無料Wi-fiスポットは一度アクセスすると一時間で利用可能時間が終了します。また、一日に三回までなど使用限度が決まっている場所もありますので、一日中使うことはできません。

こうしたことに気をつければ、無料でパソコンにWi-fiを飛ばすことができます。東京オリンピックに向けて都内では自治体を中心にWi-fi環境を整えてきていますので、上手に使えばインターネット回線の契約なしで自由にパソコンでインターネットが楽しめるでしょう。

しかし安全面が気がかりであれば、モバイルWi-fiやテザリングを利用した方が安全に使えます。

【パソコンにWi-fiを飛ばしたい方へおすすめの方法】

以上がパソコンにWi-fiを飛ばしてインターネットにつなぐ方法です。それぞれの方法を、インターネットにつなぐ上で重要な「料金」「速度」「手軽さ」でまとめてみましたので、以下の表をご覧ください。

ネット接続方法 料金 速度 / 快適さ 手軽さ
光回線
(¥4500~5500目安)

(最大1Gbps~2Gbps)

(工事が必要)
モバイルWi-fiルーター
(¥3500~4500目安)

(最大612~1228Mbps)
(速度制限あり)

(工事不要/持ち運び可)
据え置きWi-fiルーター
(¥3500~4500目安)

(481Mbps~1Gbps)
(速度制限あり)

(コンセント挿すだけ)
テザリング
(スマホ料金+テザリング用料金)

(最大100Mbpsほど)
(スマホのギガ消費)

(回線契約不要)
(スマホの電池消費大)
無料Wi-fiスポット
(無料)

(安定性・安全性に かける)

(Wi-fiスポットを探す必要がある)

それぞれ良し悪しのある結果となりましたが、今後継続的にパソコンでインターネットをしたいということであれば、「据え置きWi-fiルーター」がもっとも手軽に始められる方法ではないかと思います。

工事不要で最大1Gbpsの速度が出るWiMAXの「Speed Wi-fi HOME L02」は、非常にコストパフォーマンスも優れていて特におすすめです。

もし、家の外でもWi-fiを飛ばして使う機会が多いのであれば、同時にモバイルWi-fiも併用すればかなり盤石な体制が築けます。これらのWi-fiルーターは速度制限がネックですが、併用することでそれも緩和されます。

ぜひ参考にされてください。

【インターネット接続でお悩みでしたらご相談ください】

弊社では、パソコンのトラブルや修理への対応だけでなく、インターネットをつなぎたいという方のご相談や契約代行、インターネット接続の設定でお困りの際のアドバイスも行なっております。

「インターネットに急につなげなくなった」
「他のパソコンでもつなげるようにしたいけど設定がわからない」
「WEBサイト閲覧中にコンピューターウイルスにかかってしまったかもしれない」

こうしたお困りの際には、お気軽にご相談ください。皆さんの快適なインターネットライフのお役に立てれば幸いです。

※記事内の商品価格は弊社にて確認した時点の価格を表記しております。金額や内容の詳細は公式サイトをご確認ください。

トップへ戻る