富士通のスマホ「Arrows」を修理する方法3つ!相場価格と合わせて紹介

「Arrowsが壊れた!修理したいけど、どこに頼めばいい?」 この記事は、こんな疑問を持つあなたに向けた記事です。この記事の中では、Arrowsを修理する3つの方法と修理代の相場、注意点に関して解説しています。 読み終える頃には、Arrowsを修理するためには、どこに依頼するべきかがわかりますよ。

富士通のスマホを修理する方法3つ

富士通のスマホ「Arrows」を修理する方法は3つあります。それぞれの方法の特徴やメリットについて解説します。

富士通のFMWORLDを利用する

富士通の公式サポートである「FMWORLD」を利用する方法です。FMWORLDでは、次の2つの修理サービスがあります。 ・引取修理サービス ・スピード交換サービス 引取修理サービスは、富士通の指定業者があなたの自宅に故障した端末を受け取りに来ます。梱包の必要はなく、故障した端末をそのまま指定業者に渡しましょう。修理が完了すると、宅配業者によってあなたの自宅まで新しい端末を届けてくれます。 スピード交換サービスは、Arrowsが故障した場合に最短で交換端末を受け取れるサービスです。富士通のサポート窓口に電話してサービスを依頼すると、最初に交換端末が宅配業者によって送付されます。交換端末を受け取ったあとに、故障端末をサポートへ送るため、スマホが使えない期間を短くすることができます。 どちらのサービスも、保証期間内であれば無料で使うことが可能です。 参照:富士通 FMWORLD 修理に関するお問い合わせ 参照:富士通 FMWORLD スピード交換サービスに関するお問い合わせ

携帯ショップを利用する

スマホを購入した携帯ショップを利用する方法です。携帯ショップでは、auやsoftbank・docomoなどの販売会社が設けているサポートに加入している必要があります。 携帯ショップに持ち込んでから修理が終わるまでは、あなたが持ち込んだ携帯ショップにもよりますが、およそ2週間ほどかかるでしょう。 携帯ショップを利用する場合は、修理が終わるまで代替機を貸与してもらえるため、スマホが使えない期間を短くすることが可能です。

スマホの修理専門店を利用する

民間のスマホの修理を専門としているお店を利用する方法です。スマホの修理専門店では、即日対応ができる点が大きな特徴です。修理専門店によっては、最短で30分ほどで修理が完了します。 富士通のFMWORLDや携帯ショップでは、あなたが自らデータの移行やバックアップをしておかないと、データの保証はされません。スマホの修理専門店では、データの移行やバックアップをしなくとも、修理ができる場合もあるため、利用するスマホの修理専門店で確認してみましょう。

Arrowsの修理代の相場

富士通のスマホ「Arrows」を修理する方法は3つありましたが、それぞれどのくらいの費用がかかるものなのでしょうか。方法別の相場と故障別の相場を解説します。

富士通FMWORLDの相場

FMWORLDでは、修理代金を明示していません。修理にかかる代金は、「修理料金」「サービス料」から構成されています。 引取修理サービスの場合は、修理料金のみが請求され、スピード交換サービスの場合は、修理料金とサービス料が請求されます。いずれの場合も送料は無料です。 修理料金は、「部品代」と「技術料」が含まれており、実際に見積もりを取らないと費用がわからないようになっています。

携帯ショップの相場

携帯ショップを利用する場合は、サポートに加入しているかどうかが重要です。「故障紛失サポート」や「安心サポート」などと呼ばれるサポートに加入していれば、0円~8,000円ほどで修理サービスを受けられます。 ただし、サポートに加入していると、毎月一定の金額を請求されていますので、一概には相場通りの金額とは言えません。しかし、スマホの契約時にサポートに加入しているのであれば、最も安く修理をすることができる可能性があります。 au公式ホームページ docomo公式ホームページ softbank公式ホームページ

スマホの修理専門店の相場

スマホの修理専門店は数多く存在していますので、お店によって相場は変わりますが、おおよそ1万円~4万円ほどです。 スマホの修理専門店の場合は費用が高めですが、即日修理に対応していることが多く、30分~120分で修理が完了する事が多いでしょう。 また、データの移行やバックアップをせずに修理ができることがあるため、費用よりも手間を掛けたくない人、一刻も早く修理をしたい人におすすめです。 スマホの故障部位や故障具合によっても価格は変わるため、実際に見積もりを取ることをおすすめします。

故障別の相場

複数のスマホの修理専門店の価格から、部品別の相場をまとめました。 故障の度合いや機種、お店によっても価格は変わるため、あくまでも参考程度としてください。
修理内容 修理費用
画面の修理 1万円~4万円
充電コネクタの修理 9,800円~2万円
カメラの修理 9,800円~3万円
バッテリーの交換 15,000円~3万円
マイクの修理 9,800円~2万円
イヤホンジャックの修理 9,800円~2万円
スピーカーの修理 9,800円~2万円
基盤修理 9,800円~2万円
水没 5,000円~2万円
データ復旧 15,000円~25,000円
参照:スマホ修理王 参照:smapho station吉祥寺店 参照:iPhone/Android修理 105store

富士通のスマホを修理するときの注意点

富士通のスマホ「Arrows」を修理するときの注意点を解説します。修理を依頼する前に対応しましょう。

データのバックアップを取る

基本的に修理を依頼すると、データは消えるものと考えましょう。スマホの修理専門店の中には、スマホの中のデータを保持したまま修理するサービスもあります。 しかし、修理の過程でデータが削除される可能性がないわけではありません。しっかりとバックアップアップを取得しておいたほうが安心でしょう。 データのバックアップを取得する方法としては、次の4つの方法があります。 ・Android標準のバックアップ ・携帯会社のバックアップサービス ・バックアップアプリ ・クラウドやパソコン上にまるごとバックアップ Android標準のバックアップでは、インストールしたアプリの設定や通話履歴、連絡先などの情報をバックアップできます。写真などのデータは、原則としてバックアップ対象になっていないため、注意しましょう。 携帯会社のバックアップサービスでは、写真などのデータもバックアップ対象となっていますので、お使いの携帯会社のサービスを確認してみてください。 バックアップアプリは、Google Playからインストールして使用します。有名なバックアップアプリとしては、「JSバックアップ」が挙げられます。 最後に、クラウドやパソコン上にまるごとバックアップを取得してしまう方法もあります。クラウドサービスは、GoogleドライブやDropboxなどを利用すると良いでしょう

おサイフケータイは預け入れを行う(残高を0円にする)

おサイフケータイを利用している場合は、預け入れを行い、交換した新しいスマホに残高を引き継ぐことができるようにします。または、残高を0円にしましょう。 おサイフケータイに関わるサービスとしては、次のようなものが挙げられます。 ・楽天Edy ・モバイルSuica ・iD ・WAON ・nanaco ・QUICKPay それぞれのサービスによって、新しいスマホに引き継ぐ方法は異なるため、あなたが使用するサービスごとに、引き継ぎの方法を確認しましょう。

SNSやアプリの引き継ぎ

取得したバックアップから戻しても、SNSやアプリの設定・情報は引き継がれない可能性があります。たとえば、ゲームであればプレイヤー情報やゲームの進捗であったり、Lineであれば友達情報やトーク履歴が該当します。 バックアップからは、アプリの設定情報を戻すことはできるかもしれませんが、完全に引き継ぎができるとは限りません。アプリの開発元から正式に公開されている方法を行うほうが確実です。 アプリごとに新しいスマホへ引き継ぐ方法は異なりますので、設定や情報を引き継ぎたいアプリごとに、引き継ぎ方法を確認しましょう。

まとめ:Arrowsの修理はスマホ修理専門店がおすすめ

富士通のスマホ「Arrows」を修理する方法は3つありますが、おすすめはスマホの修理専門店です。FMWORLDは、開発元のメーカーのため安心感がありますが、費用感が不明です。携帯ショップの場合は、費用を抑えることができますが、サポートに加入している必要があり、修理が完了するまでに時間がかかります。 スマホ修理の専門店では、即日修理が可能であり、故障部位によってはデータを保持したまま修理することが可能です。