ホームページを自分で作りたい人必見! オンラインソフトウェアで無料で簡単にホームページが作れる!

ホームページを自分で作りたい人必見! オンラインソフトウェアで無料で簡単にホームページが作れる!

この記事では自分でホームページを作りたい方に向けて、オンラインで出来る無料のホームページ制作ソフトを紹介します。

ホームページ制作会社も高額なホームページ制作ソフトも不要で、しっかりしたホームページが作れます。ぜひ参考にしてください。

【ホームページを作れば可能性は大きく広がる

商いをされている方やフリーランスとして活動されている方にとって、ホームページがあることは非常に重要です。

ホームページを持つことには、少なくとも「集客性」「信頼性」「効率性」といった3つの大きなメリットがあります。これらはビジネスを加速させるのに不可欠な要素です。

集客性

ホームページのもっとも大きなメリットは「集客力」です。

パソコン、スマートフォン、タブレット。現代ではほぼ全ての人がインターネットに接続する環境を 持っており、知りたいことや欲しいもののほとんどはネットで探しています。気になる飲食店や美容室、評判の良い病院や弁護士といった生活に必要な情報さえ、まずはインターネットで検索する方も多いのではないでしょうか。

それはつまり、ホームページがただのネット上の情報ではなく、リアル店舗への集客にも大きく影響するということです。全く聞いたことのない店でも、ホームページで興味を持って実際に足を運んだ経験がある方も多いと思います。

これまで集客といえば、雑誌やテレビなどのマスメディアによるものがもっとも大きな影響を与えるものでした。しかし現在は、ホームページやSNSなどのインターネット集客がメインになっています。テレビや雑誌に代わるほど、ホームページの持つ集客力は大きなものになっているのです。

逆にホームページがない店は、こうした大きな集客の機会を損なっているのです。

信頼性

ホームページの持つ2つ目のメリットは「信頼性」です。

信頼性は集客力にも繋がるものですが、体裁の整ったホームページが用意されていると、それだけでもお客様の不安は取り除かれます。不安が取り除かれるということは、購入や行動を促されるということです。

また、ホームページはみなさんの事業を説明するパンフレットの役割も担います。人は相手の想いを知れば知るほど心理的に信頼性が上がるといいます。「コンセプト」や「理念」など、ホームページがなければ伝える機会が少ないものもあります。

ホームページを持つことで、そうした信頼性をあげる効果もあるのです。

効率性

3つ目のメリットは「効率性」です。

ホームページはよく「24時間働く営業マン」に例えられます。一度作ってしまえば、24時間インターネット上でお客様に対して営業をしてくれます。一軒一軒電話をしたり営業先を回ったりすることを考えれば、その効率の良さは一目瞭然でしょう。

また、決済や在庫管理といったシステム面での効率性も非常に高いといえます。リアル店舗で物販をされている方にとっては、商品の在庫管理や顧客情報の管理は非常に猥雑な仕事の一つです。それがネットショップだと設定次第で全て自動化できます。

他にもホームページを持つことは、お客様とのやり取りや予約管理などで様々なメリットをもたらします。事業をされている方やこれから始められる方にとって、ホームページは不可欠だと言えるでしょう。

【ホームページが作れる「オンラインソフトウェア」とは?】

ホームページを作る手段は「作ってもらう方法」と「自分で作る方法」に二分されます。
ホームページ制作会社は全国に数多く存在し、そうしたところに依頼すると数万円から数十万円の制作費用がかかります。また、維持費として月に数千円から数万円がかかるのも忘れてはいけません。

「少しでも安く作りたいし、自分の好きなように作りたい」というのであれば、自分で作るという選択になります。購入するタイプのホームページ制作ソフトもあります。ですが、最近はパソコンに詳しくなくても直感的におしゃれなホームページを作れるオンラインソフトウェアが多数あります。

こうしたオンラインソフトウェア(WEBサービス)は、インターネット環境があれば誰でも手軽にホームページを作ることが出来るものです。
制作会社に依頼するのとは違い、文章や写真を自分で用意して作り込んでいく手間はかかります。しかし、デザインを選んで好きなように配置することができるので、より好みのホームページを作ることができるでしょう。また、それが無料でできるというのも大きなメリットです。

オンラインソフトウェアを使ったホームページ制作は基本的に以下のような流れで制作を進めます。

①サイトにアクセスし、無料の会員登録をします。
②用意されたレイアウトの中から、理想に近いイメージを選択します。
 (レイアウトが数百種類以上あるオンラインソフトもあります。)
③レイアウトに沿ってロゴや画像を配置したり、名前や商品説明などを記載していきます。
④出来上がったら「公開」をクリックして完成です。

無料でも基本的にはしっかりしたレイアウトが用意されているので、ヘンテコなホームページができあがることはありません。
10年ほど前はホームページを自分で作ろうと思ったら、HTMLやCSSといったマークアップ言語を学んだり、有料のソフトを購入する必要がありました。

しかし、ここ数年でこうしたオンラインソフトウェアが登場し、WordやExcel、PowerPointを使ったことがあれば同じような操作でホームページを作ることができるようになりました。ホームページ制作の敷居は、以前よりずっと低くなっているのです。

それでは、実際にどのようなオンラインソフトウェアがあるのかを見ていきましょう。

【ホームページ制作ができるオンラインソフトウェアの紹介】

ここからは実際のオンラインソフトウェアを紹介します。基本的には無料で使えるサービスを挙げていますが、機能や容量によっては有料になるものもあります。用意されたレイアウトや作りたいホームページの内容に合わせて使うサービスを選んでみてください。

(※紹介した有料版の料金は2019年5月現在です。今後変更の可能性もあります。)

Wix

2006年にイスラエルで設立されたWIXは、全世界で1億人以上が使う巨大ホームページ作成サービスです。無料プランの他に、用途に合わせた月額416円からのプランもあります。

特徴
  ・デザイナーが手がけた500種類以上のテンプレート
  ・10000点以上の画像や動画が使い放題
  ・ドラッグ&ドロップの簡単操作
  ・モバイル・タブレットにも自動対応
  ・写真や画像の加工も可能
  ・流行の「動画背景」や「パララックススクロール」も実装可能
  ・ページ数制限なし
  ・ブログ機能付きでいつでもブログ更新ができる
  ・アクセス解析・SEOツールを利用可能
  ・ヘルプセンターや動画ガイドがあって作りたいものを作れる
  ・「SNSボタン」「googleマップ」など200以上の機能が使える

無料版のデメリット
  ・独自ドメイン、ネットショップ機能など一部の機能は有料会員のみ
     ・一度決めたテンプレートは変更できない
  ・WIXの広告が常に表示される
  ・バックアップ機能がなく、将来的にホームページを移管したくなってもできない

WIXではこのようなホームページが作れます。

参照:WIX公式ホームページ

Jimdo

2007年にドイツで設立されたJimdoは、これまで2000万以上のホームページ制作に使われた最大級のホームページ制作サービスです。AIを使ったホームページ制作では、登録からわずか3分でホームページを制作することができます。有料プランは月額945円(年契約のみ)からとなっています。

特徴
  ・数多くの美麗なレイアウトから選ぶことができ、変更もできる
  ・AIを使って手軽に最速3分でホームページを作れる
  ・自動でスマートフォンやタブレットにも対応
  ・ドロップ&ドラッグで直感的に操作できる
  ・Youtube動画やGoogleMapなど多彩なコンテンツを設置可能
  ・無料版でもネットショップ機能が使える(掲載点数に制限あり)
  ・ブログの更新も可能
  ・SEO&アクセス解析機能で上位表示されるサイトが作れる

無料版のデメリット
  ・AIビルダーや独自ドメインの取得など、無料版では使えない機能も多い。
  ・Jimdoの広告が表示される
  ・作り込んだサイトを移管することはできない
  ・無料版だと180日間ログインしないと消されることもある

Jimdoではこのようなホームページが作れます。

参照:Jimdo公式ホームページ

Ameba Ownd

Ameba Owndは、アメブロやAbemaTVでもおなじみのサイバーエージェント社による日本製ホームページ制作サービスです。自由度は上2つと比べて高くないものの、おしゃれで洗練されたホームページを作ることができます。国内の有名ショップや芸能人もAmeba Owndでホームページ作っているようです。広告や制限なしの有料プランは月額960円からとなっています。

特徴
  ・国内産のサービスという安心感
  ・ドラッグ&ドロップで簡単に組み立てられる
  ・最短3ステップで公開可能
  ・ブログの更新や情報の訂正などをアプリから行うことができる
  ・無料プランでも独自ドメイン設定が可能
  ・ECサイト機能付きでネットショップも作れる

無料版のデメリット
  ・自動的に広告が入る
  ・ページ数が10ページまで
  ・画像アップロード容量が1GBまで

Ameba Owndではこのようなテンプレートからホームページが作れます。

参照:Ameba Ownd 公式ホームページ

【オンラインショップに特化したオンラインソフトウェア】

ホームページ制作ができる無料のオンラインソフトウェアには、ネットショップに特化したサービスもあります。代表的なものは「BASE」と「STORES.jp」です。昨今のハンドメイドブームもあり、ネット上で小商いを始めるために多くの方がこうしたサービスを利用しています。

BASE

BASEは2019年5月現在、70万以上のショップに選ばれたオンラインショップ作成サービスです。ファッション、雑貨、ハンドメイド、食品まで様々なカテゴリに対応しています。

特徴
  ・商品登録数は無料でも無制限
  ・決済サービス備え付け
  ・インスタグラムでの販売も可能
  ・ショップデザインは豊富なテンプレートから選べる
  ・ロゴ作成機能など拡張機能も充実
  ・他サービスと連携し、画像を用意するだけで簡単にオリジナルグッズを販売可能
  ・500万以上ダウンロードされているBASEアプリで商品が販売される

デメリット
  ・販売手数料が色々とかかる(販売価格の3.6%+40円+サービス料3%)
  ・無料版ではBASEロゴが表示される(ロゴ非表示500円)
  ・集客力が弱く、自力でBASEへお客さんを連れてくる努力が必要

BASEではこのようなホームページが作れます。

BASE公式ホームページ

STORES.jp

STORES.jpは、毎月8000以上のショップが開設されている日本最大級のネットショップ作成サービスです。無料のネットショップ作成サービスはBASEとSTORES.jpが多くのシェアを占めています。

特徴
  ・様々なレイアウトを直感的にカスタマイズして使うことができる
  ・ブランドイメージに合わせてデザインや機能を付け足せる
  ・物販はもちろん、音楽や動画といったダウンロードコンテンツの販売も可能
  ・スイッチ一つで英語表記になり、海外向けの販売も可能
  ・インスタグラムとの連携販売ができる
  ・購入者やフォロワーへのメールマガジンや、購入時の自動メールも設定できる

デメリット
  ・無料プランでは代引きでの支払いが選べない
  ・有料版でも電話でのサポートはない
  ・購入者一覧などの顧客リストは有料

Stores.jpではこのようなホームページが作れます。

Stores.jp 公式ホームページ

さらに自由に作るためにはWordpressやコーディングスキルを身につけよう

このように、無料のオンラインソフトウェアでも十分におしゃれでしっかりしたホームページを作ることができます。
しかし、これらのサービスは広告が入ったり細かい調整ができなかったりと、100%思い通りのサイトが作れるわけではありません。

また、検索結果で上位表示がされにくいというデメリットもあります。上位表示されるために必要な検索順位最適化のことをSEO対策と言います。SEO対策には様々なものがありますが、これらのサービスで出来るSEO対策は「タイトルの設定」や「サイト内容の説明文」などのごくわずかなものに限られてしまうのです。
自由に思った通りのホームページを制作し、SEOでも最大の効果を得たいのであれば、よりカスタマイズやSEO施策ができるものを選ぶ必要があります。

その代表格が「WordPress」です。WordPressもオンライン上のホームページ制作ソフトです。全世界に存在するWEBサイトの3分の1はWordPressで出来ていると言われます。

WordPressでも上記サービスと同様に、テーマを選び、カスタマイズして、画像や文章を載せていきます。さらに、多種多様なプラグインを導入したり、HTMLやCSS、PHPなどのウェブサイトを作るためのプログラミング言語も追記することができます。より細かいところまで自分のやりたいように作ることができます。

しかし、WordPressでは「サーバー」や「ドメイン」を自分で用意しなければいけません。
サーバーとはWEBサーバーとも言い、ホームページの情報を保管しておく場所です。ドメインは、ユーザーがアクセスするために割り当てられるネット上の位置情報です。ホームページにとっての「土地」と「住所」のようなものだとイメージしてください。

WixやBASEなどは、初めからサーバーやドメインを用意してくれています。ですので、公開ボタンをクリックするだけでホームページがネット上に誕生します。しかし、本来インターネット上にホームページを誕生させるにはサーバーとドメインが必須です。

WordPressの使用自体は無料ですが、サーバーレンタルやドメイン契約には月に数百円から数千円が必要になります。
WordPressは費用もかかりますし、最初の導入が上記のサービスに比べるとやや難易度も高くなります。カスタマイズをするにもプログラミング言語の知識が必要になるので、手っ取り早くホームページを作りたいという方にはおすすめできません。

ですが、ホームページを形だけのものでなく集客のための重要なツールにしたい方や、事業と同じようにコンテンツを拡充して育てていきたい方にとってはWordPressは最適です。逆に無料のオンラインソフトウェアでは限界が多くそうした使い方は不可能だと言えるでしょう。

本格的にホームページを作りたい方はぜひWordPressでの制作、コーディング技術のスキル習得も検討してみてください。

参照:WordPress公式サイト

パソコンの調子が悪い? 故障・不具合・グレードアップの際にはご相談ください

ホームページが作れる無料オンラインソフトウェアの紹介は以上となります。
弊社ではパソコンの故障やトラブル時のご相談や修理を行なっております。

オンラインソフトを使ってのホームページ制作のトラブルとしては、 「ネット速度が遅く快適に作業を進められないのをなんとかしたい」 「一度に複数枚の写真をアップロードする際にフリーズしてしまう」 といった事例があります。

そのような際には、ネットワーク環境の改善やパソコンのパーツ換装によるグレードアップも提案しております。
大切なホームページ作りが途中で止まってしまって大事なデータが消えてしまうことがないよう、作業環境は正常に保っておいた方が良いでしょう。

お困りごとや気になっていることがございましたら、どうぞお気軽にご相談ください。