ワイヤレスのキーボード・マウスセットおすすめを選び方と合わせて紹介!

パソコンでポインターを動かしたり文字を入力したりする場合に必要なものといえば、マウス・キーボード。パソコンを新調するときには付属してくるほか、なければ必ず購入しておかなければなりません。

そんなマウス・キーボードですが、付属または購入したものが有線接続の場合は、デスク周りにケーブルが2種類並ぶことになるため邪魔になります。そこでおすすめするのがワイヤレスのセット。

マウス・キーボードは3,000円以下で通販サイトなどでセット販売されており、ワイヤレス接続のものでも安く揃えることが可能です。そこで今回は、ワイヤレスのマウス・キーボードのおすすめと選び方をご紹介。

「付属してきたマウス・キーボードが有線だった・・・」「デスク周りがケーブルだらけで邪魔に感じている」といった方は、ぜひ参考にしてください。

ワイヤレスのキーボード・マウスセットはどんな人におすすめ?

ワイヤレスのマウス・キーボードをセットで用意するといっても、どのように使うのかは人それぞれ。そこで今回は、どんな用途に合わせて使うのがおすすめなのか、解説します。

周辺整理したい人

ワイヤレスの大きな魅力は、ケーブルを必要としないこと。ケーブルは通常パソコンまたはUSBハブを使って接続するものの、配線によってはデスクスペースを占領するほか、手足を引っかけて身体や機器にダメージを与えるのが難点です。

そこでマウス・キーボードのケーブルがなければ配線を2つも減らすことができ、デスク周辺の整理はもちろん身体の怪我や機器へのダメージ防止に役立ちます。

パソコンの作業だけでなく、デスク上でファイルを広げたりアナログで文書作成したりするという方なら、スペースも広がるので便利です。手足を引っかけて怪我をしたことがある方や、ケーブル内が断線して機器を買いなおすことになった経験があるという方にもおすすめします。

持ち運びしたい方

自宅や仕事場など、パソコンを使用する場所が何ヵ所かあるという方は入力環境の差に苦戦したことはありませんか?特にタイピングで使うキーボードは製品ごとに感覚も異なり、打鍵に必要な力や打感の違いで使用感に差が生まれます。

そこでおすすめなのがワイヤレスのマウス・キーボード。普段から使い慣れているセットを持ち歩いておけば、場所やパソコンを問わずいつも通りの入力感を得られるのが魅力です。有線でも実現できますが、ケーブルが邪魔で携帯性を考えるとワイヤレスのほうが有利。

なお、使用するパソコンすべてに同じセットを導入しておくという方法もあります。
ただし自宅や仕事場だけでなくネカフェやそのほか環境でも使いたいという場合を考えると、持ち運びしやすいセットを1つ持っておくほうが無難です。

USBポートが少ない

マウス・キーボードセットの隠れた魅力が、USBポートを1ヵ所しか占有しないこと。別々で購入したマウス・キーボードを使用する場合は2ヵ所のUSBポートを占有しますが、セットの場合は1ヵ所で済みます。

つまりUSBレシーバーを1つパソコンに接続することで、マウス・キーボードの両方を使えるということ。ノートパソコンといったUSBポートが少ないモデルを使用する方には、嬉しい機能といえます。

ワイヤレスのキーボード・マウスセットの接続方式は2種類

ワイヤレスのマウス・キーボードで採用される接続方式は
・USBレシーバー
・Bluetooth
の2種類が一般的です。

それぞれの特徴などを紹介するので、購入時はワイヤレス接続の種類も確認してください。

Bluetooth方式

Bluetoothは、近年スマホ・タブレットはもちろん一部のパソコンによく採用されている無線通信技術。マウス・キーボードとパソコンの双方を電波がキャッチできる検出可能状態にして接続するペアリングと呼ばれる設定を行う必要があります。

使用するメリットは、USBポートを占有しないこと。USB接続にはパソコンに備わるポートを使用するのが一般的ですが、ノートなど種類によっては少ないのが難点です。対してBluetoothを使えばUSBポートを節約できます。
パソコンだけでなく、スマホ・タブレットにも使えるのが魅力。パソコンの前にいないという場合でも、スマホ・タブレットにキーボードをBluetooth接続すれば普段通りの入力環境を実現可能です。

デメリットは、接続したい機器がBluetoothに対応している必要があること。マウス・キーボードがBluetooth対応でも、パソコンが非対応なら使えません。そのほか、セット販売製品をAmazonで確認すると種類が少なかったり、USBタイプより3,000円程度高く販売されていたりするのもポイント。

特に予算を気にせず、パソコン側のBluetooth対応が確認できたという方におすすめです。なお、非対応の場合はBluetoothアダプタと呼ばれるものを使えば接続環境を構築できます。

USBレシーバーを使った方式

USB方式は小型の受信機をパソコンに装着し、マウス・キーボードから送信される入力情報を得ることで使えるワイヤレス接続方法。

販売されているラインナップが豊富で選びやすいほか、安いものは1,000円台という安さで購入できるのがメリットです。

デメリットは、USBポートを占有すること。USBレシーバーも小さく、油断すると紛失することに注意が必要です。

とはいえ、パソコンと合わせるならUSBポートはほぼ付いているのでBluetoothよりも導入の敷居は低め。低価格でワイヤレスのセットを購入したい方におすすめします。

ワイヤレスのキーボード・マウスセットの簡単な選び方

セット購入に興味を持ったという方に向け、簡単な選び方で見ておきたいポイントを紹介します。

静音の有無

静音とは、クリックやタイピングをしたときに発生する音を抑える機能のこと。オフィスや図書館のほか、周辺に人がいる環境で入力作業をするという場合に欲しい機能です。

特に静かな場所だと一般的なマウス・キーボードではカチカチ音などが響きやすく、周りの目が気になるので確実に欲しいところ。マウス・キーボードセットでも静音の製品はあるので、ぜひ購入時に見てください。

ちなみにセットの両方が静音の場合だけでなく、片方のみ静かという場合もあるので注意。

暗号化機能の有無

暗号化は、キーボードで入力した情報を複雑化することで人間の目だけでは読み取れないようにする機能。ワイヤレスのキーボードで入力した情報は悪意をもつ人間に傍受されることもあるので、あったほうが便利です。

特にパソコンで会員登録を必要とするサービスを利用する方は、メールアドレスから住所やログインID、パスワードまでタイピングします。ほかにもクレジットカードを登録することもあり、暗号化機能のないキーボードで入力した情報が筒抜けになると不正利用などの恐れがあって危険です。

セキュリティ意識は人によって違いがあるものの、不安な方や仕事で機密情報を扱うという場合にはおすすめ。なお、製品としてはマイクロソフトが販売する型番「SL3V-00029」に搭載されています。

予算

ワイヤレスのキーボード・マウスセットを購入する際に見ておきたいのが予算。「セットだから高いのでは?」と最初は思いますが、実際はそうではありません。

Amazonの人気ランキングを見てみると、だいたいの製品が1,000円から3,000円前後で購入可能。Bluetoothを搭載したセットや知名度の高いメーカーが販売する商品になると5,000円を上回ってくることが確認できます。
以上より、少ない予算で購入を考えているという方は1,000円から3,000円前後を用意すれば無問題。Bluetooth搭載や機能面の優れたモデルが欲しい方は5,000円から10,000円程度の予算を設定してください。

ワイヤレスのキーボード・マウスセットおすすめ紹介

おすすめのセットを簡単に紹介します。

安くて人気「バッファロー BSKBW100SBK」

Amazonで人気のマウス・キーボードセット。2,000円程度の安さで購入できるほか、マウスが静音設計というのが魅力です。

キーボードはテンキ付き、マウスは利き腕を問わず使えるシンメトリ設計なところもポイント。キーボードは角度調整することで自分に合った入力感が得られるほか、使わないときは縦置きにも対応します。

安価・人気モデルを求める方におすすめです。

充電して使える「アンカー AK-A7733511」

モバイルバッテリなどで有名なアンカー製のマウス・キーボードセット。キーボードの高さが16ミリメートル、マウスは25ミリメートルでスリムに設計されているのが魅力です。

バッテリ搭載で充電式なので、電池を購入する必要がないのもポイント。使っていないときは自動でスリープに入るため、電力の消費を抑えて使えます。

価格は4,000円前後なので、セットとしては若干高め。サイズを抑えているので、持ち運びしやすいものを求める方におすすめです。

高いけど高機能「デル KM717」

パソコンやモニター販売で有名なデル製マウス・キーボードセット。Bluetooth・USB双方のワイヤレス接続に対応しています。パソコンはもちろん、Android OSでも使用可能。スマホで使いたいという方にもおすすめです。

なお、価格は10,000円を超えているのが特徴。セット販売品としては最も高い部類の1つに入ります。特に予算を気にせず、プレミア感のあるものが欲しい方はチェック。

ワイヤレスのキーボード・マウスセットを手に入れよう

ワイヤレスのマウス・キーボードセットをAmazonで購入する場合は、メーカーなどを気にしなければ3,000円以下の安い値段で手に入ります。そのほか人気のメーカーから購入したい場合は、エレコムやロジクールあたりが3,000円以下でコスパのよいモデルを販売しているのでおすすめ。

5,000円以上でもよければマイクロソフトが選択肢に入ってきます。今回はワイヤレスのキーボード・マウスセットの選び方とおすすめを紹介したので、ぜひ購入時の参考にしてください。

サービスの流れ

  1. 携帯電話からご連絡

    お客様からのお電話

    パソコンでお悩みのことがあれば、フリーダイヤルまたはお問い合わせフォームにてご連絡ください。ご相談は無料、24時間対応です!

  2. 電話を受けるスタッフ

    お見積りと時間の調整

    受付スタッフが状況をお伺いし、到着スケジュールの調整と概算のお見積りをお調べし、折り返しのお電話でご案内させていただきます。

  3. パソコンを修理

    出張してトラブル解決

    ご希望の日時に技術スタッフがお伺いします。現場を拝見させていただき正式なお見積りを行い、作業に着手・トラブルを解決いたします。
    ※スタッフが出発以降のキャンセルは5,000円、到着以降のキャンセルは最低作業料金をキャンセル料として申し受けております。

  4. 料金・費用の計算

    スタッフにお支払い

    作業完了後に、スタッフに現金またはクレジットカード(visa,master,jcb,amex,diners)でご精算ください。法人様の場合、お支払い方法は柔軟に対応させていただきます。

ご相談無料。0120-961-976カード払いOK!VISA、JCB、Master Card

法人対応実績

  • 防衛省
  • ドコモ

その他コンテンツ

  • メーカー・製品の一覧
  • 対応車種一覧
  • エラー一覧
  • 用語集